PROFILE

加藤紗耶香

2歳よりピアノを始める。 宇都宮短期大学附属高等学校音楽科首席入学・卒業、東京音楽大学器楽専攻(ピアノ演奏家コース)卒業、同大学大学院器楽専攻 鍵盤楽器研究領域(伴奏) 修了。

第9回PIARA ピアノコンクール全国大会年齢無制限部門最 優秀賞(第1位)。第32回ピティナ・ピアノコンペティションF級全国大会入選 。第14回ショパン国際ピアノコンクールinASIAアジア大会 一般部門銅賞他多数の受賞歴を持つ。国内外の多数の音楽祭や演奏会に出演、多数のマスタークラスを受講。

これまでにピアノソロを、中山直子、小倉郁子、菊地麗子、弘中幸子、野中正の各氏、伴奏法を土田英介、水谷真理子、伊賀あゆみの各氏、室内楽を山洞智、浦川宜也、竹中勇人の各氏に師事。

オペラ、オーケストラでの演奏実績多数


『フィガロの結婚』、『ドン・ジョヴァンニ』、『魔笛』、『イドメネオ』、『カプレーティ家とモンテッキ家』、 『清教徒(伊、仏)』、『ドン・パスクァーレ』、『愛の妙薬』、『ランメルモールのルチア』、『蝶々夫人』、 『ラ・ボエーム』、『カルメン』、『イル・トロヴァトーレ』、『椿姫』、『リゴレット』、『ロメオとジュリエット』、『こうもり』、『ヘンゼルとグレーテル』、『タンホイザー』、『イゾルデの愛と死』、『夕鶴』、『不思議の国のアリス』他多数のオペラ・オペレッタの稽古・本番ピアニストを国内外のオペラ団体で務めており、ソロ・声楽及び器楽の伴奏・室内楽ピアニスト、オーケストラ内の鍵盤奏者などとしても活動。年間200件以上の演奏会に出演している。

2019年、松井美路子CD収録に参加。同発売記念リサイタルへ出演。 近年はアレンジャーとしても活動しており、ミュージカル作品やオーケストラ作品のアレンジも数多く手がけている。